JDスタ− 2003年8月24日 新宿コマ劇場前東亜ビル屋上
あ、暑かった。とても暑かったです。大会タイトルにイン・ザ・サマ−・スカイと名付けられていましたが、正しく
はオン・ザ・フライパンといった具合でした。1500円の飲み放題チケットを買って、ビ−ルをいっぱい飲みまし
た。う〜ん、これぞビアガ−デン・プロレス! 楽しかったです。それにしても、このビアガ−デン大会、開放感が
素晴らしく、写真もキレイに撮れるので、自分の中ではかなりポイントが高いです。また来年も行きたいなぁ。  
インフォメ−ション
今日は、いつもの藤原和子アワ−でなく、桜花由美の入場曲を歌う練習です。歌うのは木村さんでしたが、後から桜
花本人がやってきて、嬉しそうに歌い始めました。そうです、歌が解禁になったのです。幸せですね〜。     
第1試合 藤原和子アワー"テレフォンショッキング/第5回" ○新宿鮫 (7:03 右フック) ×KAZUKI
本日のゲストは、新宿大会故に新宿鮫。哀愁のテ−マに乗って、フラリとやってきました。「女は殴らない」と言っ
ていましたがフイニッシュはパンチ…。実は「可愛い女は殴らない」だそうです。あぁ、KAZUKI。次は非道。
第2試合 ○武藤裕代 (12:04 垂直落下式ブレ−ンバスタ−) ×MARU
軽量級のMARUが相手故か、武藤はチャンプらしく、ドッシリと構えたレスリングをしていました。実際、デカイ
選手だし、こういう感じが似合っていると思います。MARUは「体格差なんか何だ」という感じでガンガン攻めて
いて、まさに突貫小僧のようでした。そんなMARUのファイトは、見ていて気持ちが良いですね。       
第3試合 ○ファング鈴木 (8:18 ラリアット) ×斎藤啓子
まず、ファングが斎藤の入場時を襲う。そのまま場外乱闘でも斎藤をいたぶり回した。途中、斎藤もやり返したが、
終わってみればファングの一方的な勝利か。ファングは追放が懸っているだけに、とても殺気立っていました。  
第4試合 ○ザ・ブラディー (10:03 ドラゴンSH) ×桜花由美
さぁ、ブラ☆チェリ対決だ。まずは桜花の入場シ−ンに大興奮、大感激!試合も明朗快活な展開で、見ていて幸せな
気持ちにさせてもらいました。いや〜、それにしても、この2人には美しき師弟愛を感じますね。        
第5試合○救世忍者乱丸 (7:58 ウラカン・ラナ) ×TSUNAMI
次の下北への序曲的なカ−ドである。果たして、ダンプを辞任に追い込められるのか。そして、ファングを追放でき
るのか!この日の乱丸は気合い充分で、下北に向けてバッチリといった感じでした。              
TOP