JWP 2003年11月16日 東京キネマ倶楽部
まだキュ−ティ−や福岡がいた頃、それ以来のピュア・ハ−ト観戦です。キネマ倶楽部は初めてでしたが、照明は暗
く、また自分の席は見づらかったです。あらら。しかし会場の雰囲気は良く、熱狂的なファンからの歓声や野次も良
く飛んでいて、活気ある興行だったと思います。所属選手のレスリングのレベルも高く、見応えがありましたね。 
インフォメ−ション
ボリショイとNEO甲田社長が、JWP、NEO等での合同興行「ダイアモンド」の開催を発表。モモも参戦?
第1試合 ○矢樹広弓 (7:37 ミサイルキック) ×木村響子
おぉ、懐かしの矢樹の登場である。老けたというより、年相応に渋い感じになっていました。衰えない関節技と落ち
着いたファイトで、新人木村を翻弄。もちろん木村も頑張っていました。いやしかし、矢樹が元気で何よりでした。
第2試合 ○椎名由香 (9:47 S.T.S) ×渡辺えりか
えりりんは意外にも?、グラウンド指向の選手。椎名とのじっくりとした、そのグラウンド・レスリングは見応えが
ありました。椎名は幼児体型というか、お人形さんみたいで可愛いです。また見たい、と思わせる顔合わせでした。
第3試合 ○コマンドボリショイ 亜利弥' (21:45 ライムライト) ×宮崎有妃 ジャガ−横田
宮崎の千両役者ぶりが存分に楽しめた一戦。ジャガ−がお堅いキャラをしてくれたので、宮崎とのコントラスが際立
って面白かったです。4人共いい動きで、特にジャガ−は不老不死。あっという間に20分が過ぎた好試合でした。
えりりんの部屋
絶大なる声援を受けて、えりりんの部屋が始まりました。ま、要はインフォメ−ションなのですが、その妖艶な語り
で観客を甘美の世界へ誘います。最後は山本リンダを歌いながらカラ−ボ−ル投げ。かなりクレイジ−な画でした。
第4試合 ○Aコング (9:04 パワ−ボム) ×米山香織
JWPファンのブ−イングの中、アメコン登場。場外乱闘でイスを投げまくる、相変わらずの暴れっぷりでした。し
かし、相手とキッチリ噛み合う試合をするのはさすが。米山も元気一杯で、アメコンを投げるシ−ンもありました。
第5試合 ○倉垣翼 日向あずみ (23:49 ム−ンサルトウイング) ×春山香代子 三田英津子
春山には、倉垣がフリ−活動していた時期を支えてきた自負があります。それがこの試合のテ−マ。最後の方は日向
と三田は退いて2人に任せていました。春山の力強さ、倉垣の跳躍美がぶつかり合う熱戦。ライバルスト−リです。
TOP