全女 2003年11月23日 ガレ−ジマッチ
だいぶ寒くなり、待っているのも辛い季節になりました。この日は、新人のスパ−を含めて4試合。正味3試合とい
って良いでしょう。正直、物足りない感じでしたが、アタリもあればハズレもある、という事で…。しかし、メイン
での、ナナカヨの千両役者振りには脱帽です。辞書のプロという箇所には、彼女達の写真を載せるべきでしょう! 
第1試合 ○高橋裕美 (一本奪取) ×水嶋なつみ
デヴュ−間近の、新人2人のスパ−リングです。専門誌でも取上げられ結構な評価を受けている2人ですが、自分の
見た限り高橋の方が一枚も二枚も上かな、と思いました。その高橋はルックスも凛々しく人気が出そうな予感です。
第2試合 ○サソリ (9:14 ラ・マヒストラル) ×亜利弥'
亜利弥’が魅せて?くれました。極悪サソリも我慢できず、笑ってしまいましたね。意外にも試合は接戦となり、亜
利弥’の方が全然強いと思っていた自分は、サソリが勝ってびっくり。やはり、パンモロが気になったのが敗因か。
第3試合 ○Aコング (10:35 ボディプレス) ×Bコング(ブッタマン)
普通のカ−ドでしたが、場外乱闘の際に、ブッタマンが捕獲され、Bコングとして前川と戦うことに。しかし、あま
りの弱さにAが激怒。ボディプレスでBを葬り去りました。Aコングの日本語は、だいぶ上手になっていましたね。
第4試合 ○前村早紀 Hikaru (13:11 変形回転カニばさみ) ×貞子(高橋奈苗) 田中邦衛(納見佳容)
やってくれました、ナナカヨ。北の国からのキャラに徹した、納見のファイトはさすがプロです。ナナの貞子の気味
悪さには、みんな本気で引いていましたね。また、先日の後楽園での健闘の効果か、前村への声援が多かったです。
TOP