JDスタ− 2003年12月28日 後楽園ホ−ル
JDを混乱に貶めているニ−ナが、またまたの大活躍?。最初から最後まで出ずっぱりで、メインでは元気に試合介
入。そのまま復帰しても良いのでは、と思わせる位です。実際、今回の大会そのものがニ−ナ興行みたいでしたね。
また、DJブ−ス設置やスクリ−ンの多用等、他団体とは一線を画したJDならではの面白い大会だと思いました。
アストレス4期生 風香プロテスト △風香 (仮合格)
体調不良のようでしたが、頑張って何とか仮合格。今後は、エキシビジョン扱いでの試合出場になるようです。
ニ−ナ・タイム
まずはDJブ−スにて、観客に乾杯の飲み物を自腹で買いなさいとお達し。次は、南スタンドでYMCAを歌いなが
ら改めて登場。やっとリングインして、勝手に乾杯です。その後は北ステ−ジに陣取って、試合に目を光らせます。
第1試合 TWF世界タッグ次期挑戦者決定ト−ナメント1回戦
○ザ・ブラディ− 桜花由美 (16:04 タランチュラ) 武藤裕代 ×川崎亜沙美
結果から言えば、ブラ☆チェリの妥当な勝利か。しかし、入場時の桜花の歌がなくて、かなり残念でした…。川崎は
得意の旋回式バックブリ−カ−の大判振舞い。この技は動きがダイナミックで、体の大きい川崎に似合っています。
第2試合 TWF世界タッグ次期挑戦者決定ト−ナメント1回戦
○MARU 斎藤啓子 (18:53 後方回転エビ固め) ×救世忍者・乱丸 秋山恵
OKはお揃いのTシャツで登場。新発売のこのTシャツ、売店でも売れていましたね。勢いに乗って試合も軽く頂き
たい所ですが、斎藤が負傷箇所の足を攻められたり、秋山の粘りもあって簡単には勝てず。ま、結果が出ればOK!
第3試合 TSUNAMI ○Aコング (19:06 高角度ライガーボム) 藪下めぐみ ×KAZUKI
むむむ、この日は長い試合が多いですね。ハワイアン&ブラックの米組は、ご機嫌なパフォ−マンスを披露。ヤブも
終始ご機嫌な感じで、得意の階段落ちで魅せてくれました。KAZUKIだけが暗いというか地味な感じでした…。
第4試合 TWF世界タッグ次期挑戦者決定ト−ナメント決勝戦
ザ・ブラディ− ○桜花由美 (17:06 エンジェルウィングロック) ×MARU 斎藤啓子
JDの本格的なタッグチ−ム同士の対決です。興味深い一戦は、押しつ押されつの白熱の攻防となりました。最後は
MARUのマフラ−で桜花万事休すと思われましたが、新技で逆転勝利。もう一度、じっくり見てみたい対決です。
第5試合 総合格闘技戦 ○石川美津穂 (6:39 胴締めスリーパー) ×篠原光
格闘技戦という事で、会場の雰囲気がやや変わりました。石川の厳しい表情と、勝った後の涙がとても印象的です。
鼻血を滴らせながらもグラウンドを制して、見事に仕返しに成功した石川。けっこう、格闘技戦が似合ってるかも。
ニ−ナ・タイム
またまた、やって来ましたニ−ナ・タイム。エロティックにリングインすると、今度は選手権試合に先駆けて
国歌斉唱のパフォ−マンスです。気持ち良さそうに歌うニ−ナさんは、この世の春を謳歌しているようです。
第6試合 TWF世界タッグ選手権試合
誤認裁定 ×ファング クロウ (19:30 STO) ○ザ・ブラディー 桜花由美
正式裁定 ○ファング クロウ (19:30 反 則) ×ザ・ブラディー 桜花由美
※東城GMの裁定による 王者組が初防衛に成功
誰がどう見てもブラ☆チェリの勝利。ダ−ティ−ファイトに屈する事なく、見事に王座奪還のはずですが、東城GM
によると、ブラ組のセコンド介入による反則負けだそうです…。まだまだ来年も、東城GMの横暴は続くようです。
TOP