2004年4月18日 全日本女子プロレス 後楽園ホ−ル
遂に、納見の引退の日がやって来ました。自分は前日にチケットを買った為、こんな遠く端っこになってしまいまし
た。良い席はお早めに…ですね。実際、後楽園は見事に超満員で通路に座っている人もいた程でした。たくさんのフ
ァンに見守られた納見はとても綺麗で、素敵な雰囲気に包まれた引退式は本当に感動的でした。のんのんは永遠に。
試合前
試合前にリング上で、ファンとの最後のツ−ショット撮影会が行われました。
第1試合 ○タニ−マウス (7:16 パロスペシャル) ×水嶋なつみ
当初は伊藤対水嶋。しかし、日向欠場により伊藤がアメコンと戦う事になったので、代打にタニ−が登場。タニ−の
ネタは全女でも浸透しており、結構受けていました。水嶋のエネルギッシュなファイトは見ていて気持ち良いです。
第2試合 ZAP-T ○サソリ (11:45 凶器でのパンチ) ×前村早紀 米山香織
全日本タッグ王者が極悪同盟と対決。試合は、ダンプの介入によって、殆ど3対2で展開される内容となりました。
そして、凶器・反則攻撃の雨アラレを喰らった王者組は、共に大流血。で、結果惨敗。かわいそうなサキちゃん…。
第3試合 納見佳容引退試合 〜the last memory〜 ○前川久美子 (19:35 カカト落し) ×納見佳容
予定の10分エキシから30分1本勝負に変更されたラスト・メモリ−。ナナモモ、そしてワッキ−の友情出演もあ
り、もちろん得意技もふんだん披露する、ベスト・オブ・の−み。最後のファイトも元気一杯。魅せてくれました。
引退セレモニ−
まず志生野さんが納見の軌跡を朗読。その後、マスコミ・選手関係者からの花束贈呈。そしてキッスの世界が実現。
歌う事は無かったものの、曲が流れ会場は超盛り上がり。最後は、騎馬に乗ってサヨナラ。納見は美しかったです。
第4試合 ○A・コング (17:40 バックブロ−) ×伊藤薫
日向欠場で赤いベルト戦が流れたアメコンは、元チャンプの伊藤とシングル。場外戦で幕を開けた重厚対決は、じっ
くりとしたグラウンドの攻防、そして肉弾戦へと昇華
。実力者がガップリ組み合った、見応えのある一戦でしたね。
第5試合 井上貴子 ○中西百重 (24:20 モモ☆OK) 高橋奈苗 ×Hikaru
結局、この試合がメイン。そして大当たり。四人の魅力が溢れた試合内容は、メインの説得力十分。特に、ナナモモ
のバチバチとした攻防には、ヤケドする程の熱さが。また、Hikaruも違和感なくメインに溶込んでいました。
TOP