2004年7月25日 レッスル・エイド・プロジェクト(WAP) 茅ヶ崎サザンビ−チ

覚悟はしていましたが、やはり茅ヶ崎は遠かった。ついでにサザンビ−チも駅から徒歩約20分でこれも遠い。バス
&タクシ−代はもったいないので、直射日光の中を歩きました。サザンビ−チは風があったので、死ぬ程は暑くなか
ったです。が、その風のせいで、ちょっとした砂荒らし状態。そんな中、開始が1時間延び、しかも最初は子供のイ
ベント。暑い、砂でジャリジャリ、おまけにお腹が痛くなる…。JDの出番までは、本当に苦行であり、自分は修行
僧でしたね。でもまぁ、行って良かったです。泳がなかったけど、海なんて何年ぶりだし。夏の一つの思い出かな。

大会アラカルト
自分はインディ−の事はイマイチよく分らないので、以下箇条書きで。●第一試合はう〜ん、なファイト。●第二試
合、共にカルト的な人気が。海へと雪崩れ込む場外乱闘が○。●斗猛矢はプランチャの際、ひじ関節?を脱臼。救急
車で運ばれる。●矢口はインディ−とかメジャ−とか関係なく、魅せる事の出来るプロ。確固たるプロレス信念も。
こんな感じ 砂浜にリング
剛がチビっ子の相手に
司会とアシスタント
第一試合 戸田秀雄vs不知火
第二試合 Aク−ガ−vsファントム船越
ク−ガ−の空中殺法が冴えまくる
第四試合 矢口壹琅vs斗猛矢
矢口が良かった
斗猛矢も魅せたが
この後、アクシデント
独特の佇まいファントム
剛竜馬、健在 矢口との抗争へ
試合後のインタヴュ−というか、感想
もちろん、スイカもあった
海水浴客も減った黄昏時
矢口のライヴがスタ−ト
セミ・ファイナル ○桜花由美 (11:20 サクラドロップ) ×亜沙美
女子という事で、けっこう海水浴客の興味を惹いていました。試合の方は、桜花のヒジのサポ−タ−が白、執拗なス
リ−パ−があった位で、後は普通かな。桜花もM’sや他団体相手に、これ位の格上ファイトを見せてくれればね。
「海での試合は初めてです」
エ−ス桜花様、サザン降臨
かかってきなさい
全てを受け止める
ダイナミックなドロップキック
グイグイ絞り上げる
その蹴りに、一見さんがどよめく
はりつけでも魅せた
亜沙美は初見で支持される様で
何気に得意技か
桜花のアナコンダは珍しいかな?
浜風に泳ぐロコモ−ション
最近大事にしている、ヒジ鉄
パ−フェクトに決まった桜落し
貫禄勝ち
全試合後のインタヴュ−
桜花の笑顔が印象的
「楽しかったね♪」
最新JDスタ−写真集 最新桜花由美写真集
自己紹介 イラスト ネコ プロレス 日記 リンク 掲示板 メ−ル