2005年3月20日 チャレンジャ−1A 新木場1st RING

二回目となるチャレンジャ−、前回同様に休憩ナシの一時間興行でした。残念ながらお客さんは少なく、カ−ドも
試合内容も前回を大きく下回ってしまいました。メインと栗原以外は特筆無し。今後も開催されるのでしょうか。


第1試合 エキシビジョン・マッチ 江本敦子 (5分間) 栗原亜弓
AtoZ時代もエキシを行っていた栗原。自分も栗原のエキシを観るのは二回目ですね。内容的にどうという事
は無いのですが、やはり、その美少女ぶりに目が奪われます。実際、無数のフラッシュが焚かれていましたね。

まずは単純にルックスが良い
相手は牛でなく江本
定番のドロップキック
表情は豊かか?
ガンバレ−
まぁ、攻め込まれる訳で
あっ、という間の5分でした
マイクも初々しい
もうすぐ本デヴュ−

第2試合 ○救世忍者乱丸 (11:06 後ろ回し蹴り) ×木村ネネ
普通に教育マッチ。可も無く不可も無くな内容。最近、乱丸の蹴りが威力を増していますね。

吠えるネネ
ビシッと決まったね
エグイ蹴りですね
負けずにGO
完璧なミサイル
シャ−
独特の飛ぶフォ−ム
最後は後ろ回し蹴り
後日

第3試合 ×斎藤啓子 (16:05 ポキ) ○GAMI
これも教育マッチ。この手の試合は苦手です。斎藤のやられ声を聞いていると、本当に可哀想になってきます。

紙テ−プの量はJDで一番か
視殺戦
果敢にグラウンドで勝負するが
まぁ、当然こうなりますよね
立ち向かう姿勢は良かったです
それゆけ−
何発も何発も出したが
ゴ−ゴ−
いつものフィニッシュ

第4試合 ×渋谷シュウ (13:38 ジャパニ−ズ・レッグロ−ル) ○竹迫望美
この大会において、唯一熱かった試合。二人共、メインの責任は充分に果たしたと思います。どっちが勝ってもおか
しくない展開は、とても見応えがありましたね。また、人数は少ないながらも、会場のボルテ−ジは高かったです。

独自の華やかさを持つ選手
前回の市井戦に続き、今回もメイン
ベ−シックな攻防も熱い
冬木調ヘア・スロ−イング
マンジがばっちり決まった
勢いのあるドロップキックが良い
カウンタ−のボディアタックが良い
もちろんセント−ンも出た
「弱い弱い」と挑発しながらの逆エビ
回転エビは欠かせませんね
最後は必死に固めた
収まらない渋谷 続きが観たいです
最新JDスタ−写真集
TOP