2005年8月6日 格闘美 〜Festa〜 新木場1st RING

終焉が近づくJDスタ−。トドメを刺すように、会場での東城のAV撮影。個人的には大してショックはなかった
ですが、やはり、嫌悪感を抱く人は多いでしょうね。もっとも、この件よりも、大好きなJDがなくなるという現
実が、重苦しい雰囲気となって会場を包んでいたか。休憩中、乱丸が予想通り退団の挨拶を。また、ドレイクに対
する正式な発表はなかったものの、もうJDには登場しないような気がします。なんかもう、寂し過ぎますね…。

この日はいつもに増して、アルシオン・ファンが多かったように思えます。今後は、実質アルシオン興行となり、
桜花・風香・渋谷の三人だけがオマケ出演。JDファンは姿を消していき、会場はアルシオン・ファンで占められ
るのでしょうね。でも、名前はJDスタ−…。これで良いのか、本当に。結局、以前アルシオンで起こった事が、
なぜかJDで再び起こってしまった、という悲劇。女子プロレスの、ジャンルの脆弱さを感じざる得ません。  

メイン終了後、桜花のJD愛溢れるマイクに、JDファンが「JD!JD!JD!」と大大コ−ル。嬉しかった。
カメラを持つ手が震えた。自分は、JDファンの方達との交流はあまりなかったです。しかし会場に行けば、おな
じみの顔ぶれに、おなじみの声援。面識はなくとも、みんな「戦友」なんだ、とJDコ−ルを聞いていて思いまし
た。そう、ファンだけでなく、選手、スタッフ(まともな)、皆が仲間で、皆一人一人がJDスタ−。そして、み
んなJDスタ−を愛している。自分はJDファンである事を誇りに思います。                


オ−プニング

どんよりとした雰囲気の中、小林本部長が東城・AV撮影の件について謝罪の挨拶を。小林さんの発言の内容は、
ネットや新聞やに書かれている通りで、要するに「ウチラは知らなかった」と。う〜ん、スッキリしないですね。
いや、本当に知らなかったのかもしれないですし…。ただ、無かった事にするのではなく、ちゃんとファンの前で
説明をしてくれたのは、良かったと思います。とにかく、ちっともお祭りでない、フェスタのスタ−トです。  

憤る小林本部長

第1試合 ○宮崎有妃 (10:01 体固め) ×栗原あゆみ
日に日に人気が上がる、あゆみちゃん。フラッシュの数も凄かったですね。ドロップキックで果敢に攻め込
みますが、宮崎の壁は高い、いや、重たかったか。その宮崎、いつものように安定したファイトでしたね。


第2試合 ×渋谷シュウ (8:12 マッドスプラッシュ) ○闘獣牙Leon
レオンはキャラクタ−に対して照れ臭さが出てしまっており、中途半端。何度も書いておりますが、玲央奈は表情
豊かな選手。マスクをとって、気迫溢れるお顔で魅せて下さい。さて、シュウボ−イ。ファイト自体は良かったの
ですが、そろそろ強力なフィニッシュ技が欲しいところですね。また、桜花・風香ほどにキャラは確立されておら
ず、今後も八番バッタ−が続きそうだなぁ…。頑張れシブ。君はJDスタ−、最後の新人。共に生き残ろう。  

青春とは翔るもの
前回は欠場だったので、
シュウ君、ちょっとお久しぶり
ジリジリと攻め込まれる
さぁ、反撃だ
セント−ン!
回転エビも鮮やかに
ミサイルもバッチリだが
ひとつひとつは悪く無い
ただ、キメの一発が欲しい
今後のポジションは…

第3試合 ×風香 GAMI (16:48 モ−・モ−・クラッチ) 大向美智子 ○闘牛・空
いつもと変わらぬ愛らしさで、観客を魅了する風ちゃん。風ちゃんは、このJDの現状をどう思っているのかな?
あ、ゴメンね。風ちゃんはね、難しい事は考えなくていいんだよ。風ちゃんは、風ちゃんのままでいいんだよ。 

風ちゃんだ♪
首が動くんだよ
後ろも向いちゃんだよ
凛々しい風ちゃん…
桜花さん、助けて−
2人でイタ〜い
Fキックがズバッ
それいけ−
F網打ち
Fラッシュはいつも未遂…
きゃ〜 風ちゃんピンチ
掌底のワン、ツ−
風ちゃん、カッコいい♪
…負けちゃった
でも、最後はニッコリ

忍者のお時間
休憩中、乱丸の挨拶がありました。八月十四日をもって退団、フリ−転向との事です。最近は試合数も減っており
ファンも心の準備はしていたと思います。それでも、正式な発表を聞くと、もの凄く寂しい気持ちになります…。

JDスタ−のハ−ト、遂に退団…
「ホンマ、やるつもりはなかったん
やけどな」 いやいや、乱丸さぁん
慕ってくれた後輩と共に
「シャキ−ン、シャキ−ン、パワ−」

第4試合 ×木村響子 (15:16 フランケンシュタイナ−) ○AKINO

アキノは良くも悪くも、オ−バ−・アクション。故に、観易いというか、騒がしいというか。ま、この人のレスリ
ング自体は好きですが。最後のJDコ−ルは、この人の耳に、どのように聞こえたのでしょうか? …いや、アキ
ノの事を書くのは、もういいか。すべては終わった事ですし。                       

木村響子である。長い手足に、ビルドアップされたボディ、そしてソウルフルな表情。目を奪われてしまいます。
この日は、アキノの腕殺しに悶絶。痛みを抑えられない表情と叫びが、切な過ぎる。ビッグブ−ツも強烈ですね。
ただ、黒のコスチュ−ムに変わったのが残念。白いコスチュ−ムの方が、褐色の肉体に良く映えていたのに。  

トロピカル
獣のように激しく
切なく
跳ぶ
超強烈
見応えのあるファイトでした
パ−ト2 最新JDスタ−写真集 最新桜花由美写真集
TOP