2005年9月25日 格闘美 〜Dreamer〜 新木場1st RING

夏も終わり、もう、すっかり秋ですね。新木場は風が強く、冷たかったです。さて、秋風と共に開幕したドリ−
マ−。残念ながら、JD正式所属はわずか三人。しかもこの日は、桜花と風香の二枚看板が怪我で欠場。試合が
あったのは、渋谷独りでした。AtoZ、ドリ−ム・キャッチャ−との提携も唐突で、テ−マがいまひとつ見え
てこないです。エムズ路線同様、独立独歩できない者同士が組んだだけなのでしょうか。また、当初の目玉だっ
た桜花と西尾の対決が吹っ飛び、完全に実体のない大会となってしまいました。まぁ、黙って出されたモノを楽
しみましょう。というより、楽しめないと新木場には行けないと思います。実際、お客さん少なかったです…。

この日は、AtoZファンの方が割合い多かったですね。もちろん、全女ファンの方もいました。うん、客層が
変わっていました。でも、エムズ・ファンの代わりにAtoZ、全女ファンが来ただけの事。非JDファンがJ
Dの大会にやってくるのは、いつもの光景なのです。「選手もファンも、寄せ集め」。女子プロはどこもそうで
すよね、前村選手。あなたがいた全女も末期はそうでしたよね。いやぁ、ドリ−ム勢のマイクは凄かったな…。

業務提携というものの、自分の目には西尾もHikaruも、実は桜花の踏み台に過ぎないように見えます。何
故ならば、ここはあくまでもJDスタ−なのですから。乗っ取らんばかりの勢いだったアルシオンも、結局、桜
花を始めとするJDの選手達のレベルアップの役割だったのでは。もちろん、いろいろとあった上での結果論で
すが。上手く言えないけど、JDはどこ迄行ってもJD。どこと組んでもJD。そして、何だかんだ言っても、
JDスタ−が主役。黒く、ドロドロしているかもしれないけど、絶対的なJD魂というモノが存在していると思
います。そして、新木場にやって来た時点で、勝負は着いているのです。ま、あくまでも自分の意見ですけど。


格闘美クィ−ン・タイム
麗しのお時間が復活致しました。おぉ、若いぞ、可愛いぞ。やはり格闘美は、美しくなくてはいけませんね。

ジャ−ン♪
本日の見所をレクチャ−してくれます

桜花由美、欠場の挨拶
ここで、桜花が欠場の挨拶を。まだ詳細は分りませんが、どうみても重傷のようで、長期欠場は免れないか…。
悔しいのでしょう、涙ながらに謝罪する桜花。桜花さん、謝らなくてよいですよ。全力ファイトの上での負傷で
すもの、あなたが悪い訳ではないですよ。泣かないで。これまで桜花さんが頑張ってきたのは、みんな知ってい
ます。ちょっとここで、お休みするだけですから。大丈夫です、ファンは温かく待っていますよ。格闘美のリン
グは、JDみんなで守っていきます。だから安心して、ゆっくり、ゆっくり治して下さい。         


左足は包帯ぐるぐる…
痛々しい限りである
途中から、泣いてしまう…
桜花さんが悪いんじゃないよ
重症なのに会場に来てくれた
桜花さん、立派です、ありがとう

Dreamer Clip
ドリ−マ−になり、プロモ・ビデオも新しくなりました。八十年代・洋楽の、MTVブ−ム直撃世代の自分は、
こういうのが大好きです。三人が出演するこのクリップ、カッコ良く、なかなかの力作。見応えありましたね。

最初はJupiterと同じイメ−ジ
風ちゃんも渋ちゃんもハ−ドに決めた
美女は何をやっても画になります

第1試合 ×渋谷シュウ (11:28 サソリ固め) ○華名
若く、華やかで熱い。女子プロらしく、良い試合でしたね。二人の元気なファイトが素晴らしかったです。渋谷
はもちろん、華名もいい表情をしていたな。ちょっとした対抗戦の雰囲気で、会場も盛り上がっていましたね。


シュウの熱い青春
ムチッとした可愛らしさ
渋谷の構えは緊張感があって良いです
激しいぶつかり合い
肉圧で押し切り、シャウト
負けないぞっ
デスロックwith変顔 変顔は自粛
気持ちの入ったブチかまし合い
出た、ヒップアタック 会場が沸く
渋谷にはセント−ンがある
しかし最後は絞り上げられた
尚もやり合う両者
今後の闘いにも期待ですね
パ−ト2 パ−ト3 最新JDスタ−写真集 最新桜花由美写真集
TOP