2005年11月12日 格闘美 〜Dreamer〜 新木場1st RING

めっきり冷え込む季節になりましたね。新木場はぴゅう〜と風が冷たく、会場の暖房がありがたかったです。  
さて、この日から「新年会・大洗ツア−」の受付開始。自分は開場と共に申込してきました。添乗員の方が自分の
事を覚えていて下さったので、手続きも楽チン。嬉しいですね、ツア−楽しみですね。何かルンルン気分でした。

ま、それはともかく、冷静に、客観的に大会を振り返ってみましょう。お客さんの入りは、前回よりは多少マシ。
ただいつも同様、各ファンがお気に入りの選手に対してだけ盛り上がる、といった感じ。JD、AZ、DCが三位
一体となって、格闘美に大きなウネリが出れば面白いのですが。しかし、全試合終了後に起こった、ヒカルと小林
本部長&お客さんとの衝突を見ていると、それは無理なのだなと思いました。迷子の仔猫ちゃん、目黒に帰ろう。

各試合自体は、本当にゴミ箱行きレベルの第三試合を除けば、なかなかだったと思います。興味深く観戦できまし
たね。特に、セミとメインがビシッとしていて良かったです。現在の格闘美、業務提携体制、悪い部分だけではな
く、良い部分、見所もたくさんあると思います。風香と渋谷の奮闘は本当に涙モノですし、そして、やっぱりヒカ
ルと西尾が並び立つリングは魅力的。もちろん、JDオリジナルに越した事はないのですが、それはもう望めない
ものですしね…。個人的にはこの3WAY体制、ヴィジュアル度も高く、熱い部分もあって、けっこう好きです。


格闘美クィ−ン・タイム 〜 オ−プニング
いつものように、獲得ポイントの途中結果〜プロモです。このまま西尾が突っ走り、12/25は桜花vs西尾に
なるのでしょうか?というより、桜花は間に合うのか?無理しないで欲しいです。来年でも良いのでは。でも、来
年ってあるのかな。この日は「格闘オ−」と「格闘V」の二本立て。水色のクィ−ン様がはりきっていましたね。


こんばんは!
闘と美に注目です
格闘ブイッ♪
選手も一緒にやってくれないかな
Jupiter 〜 Dreamer のコンセプトは
間違っていないと思います
確かに格闘美が最高 自分はね
さぁ、始まりますよ〜
前回のおさらい
本当に悩んでいるのは元ゼンの人達
メインの煽りですね
プロモは一見の価値あり
他団体ではここまでキマリません
風ちゃん、渋ちゃん、仲良し
サクラ姉さん、キレイ

第1試合 ×救世忍者乱丸 (11:23 外道クラッチ) ○宮崎有妃
この日の乱丸、お笑いティストは控えめ。ただ、相手が宮崎なだけに、どうしても緊張感のないファイトになって
しまいますね。まぁ、そういうカ−ドですし、それなりに面白かったですが。やっぱり、アキノと組んでタッグ王
者だった頃が一番カッコ良く、
輝いていたと思います。いや、再び輝く時が、必ず来るはず。その時を待ちます。

曲調に合わせた入場シ−ンはベリグ−
ノイズ音と共にビシッ!
「チビ、かかってこい!」
何故か偉い忍者
シャキ−ンは途カットされた…無念
忍者、劣勢
忍者のピンチに風ちゃんが応援
飛ぶ時に「金縛り」
あ、間に合わなかったですね
後ろ回し蹴り
水面蹴り
そしてハイ 蹴りが冴える
しかし、外道に泣く
適度にほのぼのしてて良かったです

第2試合 ○Hikaru (6:57 ダイビング・ボディプレス) ×アマポ−ラ
ダ−ク・エンジェル欠場、代打・外国人さん。アマポ−ラは初めて観ましたが、むむ、こんなに凄い選手がいたと
は…。日本語も動きも良く、グラウンド、パワ−、遥かにヒカルを凌駕。びっくりしました。そのおかげで、大物
扱いされているヒカルが、まだまだ若手〜中堅クラスの選手だという事を思い出しましたね。そのヒカル、急遽?
のカ−ド変更は気の毒だったかな。この辺りも最後のブチ切れにつながったのでしょう。ファイトも焦り気味、イ
マイチ精彩を欠いていました。でも、ヒカルが悪かったというよりも、アマポ−ラが凄過ぎたという事なのです。

覆面レスラ−ですね
後方はダ−ク・エンジェル
やっぱりオ−ラがある
Hikaruファンには人気があるHikaru
いつも通り不機嫌ちゃん
Hikaruをかる〜くあしらう実力者
もちろん、負けていない
この人のレスリングもなかなか
こんちくしょ−、なスピア
Hikaruのプロレスは3コ−ド
Hikaruをかる〜く持ち上げる実力者
飛び道具も凄まじかった
焦りが形に出ていた
まぁ、勝敗はね…
Hikaruは終わらない歌
大丈夫かな
パ−ト2 パ−ト3 最新JDスタ−写真集
TOP