2006年4月15日 格闘美 〜Future〜 新木場1st RING

プリンセスの三試合は大変素晴らしく、正しく女子プロレスのフュ−チャ−。触れたらビビビと感電しそうな緊張
感のある試合ばかりで、選手達も熱く爆発したファイトで、観る者をエキサイトさせてくれましたね。自分は四千
円の席で観ていますが、この日のプリンセスは四万円の価値があったかと思います。それに引きかえ、後ろの二試
合は…、四万円くれ、でしたね。お先真っ暗。フュ−チャ−とノ−・フュ−チャ−、それが今の格闘美かな。  


観戦前
いつも行くラ−メン屋さんが、リニュ−アルしていましたね。メニュ−は同じだったかな。この日は桜花等の
舞台出演があって「お客さん少ないのかな」と思っていましたが、さほど影響はなかったように見えました。
ただ、アキノやヒカルのファンが多かったような。まぁ、いつも通り、選手もファンも寄せ集めなのです。 

斜めに撮ると疾走感が出ますね
こってり塩ラ−メン 美味☆
夕空の1st RING
舞台のポスタ−
こっちの方がJDしていますねぇ…

オ−プニング
格闘美クィ−ンの衣装が元に戻っていましたね。POPのTシャツをアピ−ルしていましたが、着て観戦している
お客さんは殆どおらず…。自分は黄色でキメていましたよ、イェィ。プロモはスタ−性がハッキリする、かな。 

「みなさ〜ん、着ていますかぁ〜」
さすがに演技慣れしているJD勢
いまいち板についていない全女勢
Hikaruは全くアカ抜けないなぁ
はじまり〜
先週のおさらい、そして煽り
みんなが輝く「リ−グ・プリンセス」

第1試合 ○Aブロック・市井舞 / 2点 (3:25 三角蹴り) ×Bブロック・中川ともか / 2点
前回は不可解なファイトで、評判を落としてしまった市井。この日はその反省からか、スタ−トから気合い充分。
声がとても良く出ており、おふざけもナシ。そんな市井に負けじと、中川も気迫全開で応戦。そんな両者の、序盤
のパンチ合戦には観ていて鳥肌が立ちましたね。火の玉と火の玉がぶつかり合う様は圧巻で、間違いなくこの日の
ベストバウト。無駄な贅肉を削ぎ落とした、短時間勝負も良し。うん、うん、やっぱり市井はこうでなきゃね。 


第一試合はお任せ
さて、今日はどうかな…
うむ、この顔なら大丈夫だ
ファイア・ボ−ルがスパ−ク
気持ちがガンガン
どっちも負けない
2人共、スゲェかっこいい
コミカルな面も良いが
自分の好きな市井はコレ
市井が蹴れば
中川は頭突き
こいつで決めたかったが
最後はキッチリ
うん、グレイトでしたね
もちろん、中川も素晴らしかった
パ−ト2 パ−ト3 最新JDスタ−写真集 最新桜花由美写真集
TOP