2006年6月11日 格闘美 〜Future〜 新木場1st RING

梅雨ですね…。自分は雨が好きです。また、風香同様、軽いノリが苦手です。そんなノリや世の喧噪を雨音が消し
去ってくれるから、ショパンの調べが聴こえると落ち着きます。それにしても、新木場は雨が良く似合いますね。

さて、大会の方ですね。最近の格闘美、満員にはなりませんが、それなりに観客数は安定しているかと。この日も
雨にもかかわらず、「それなり」でしたね。プリンセスは遂に終盤へ。ベルトも初披露され、ピシッとした厳粛な
空気が流れました。うむ、最終戦に向けて目が離せません。そして、やっぱり風渋のベルト姿が見たいものです。

セミとメインは、風香と渋谷のチャレンジ・マッチ。残念ながらシブちゃんはさっぱりでしたが、その分風ちゃん
が大奮闘。おかげで気分良く、家路に着く事ができましたね。やはり、メインはJDの選手でないといけません。
格とかレベルではなく、ここは新木場、ここはJDスタ−。そして、ここはJDファンが楽しむ所、なのだから。


観戦前
前回のHK大会の観戦は慌ただしかったので、今回は早めに新木場に行って、開場迄の〜んびりと過ごしました。
以前はお店に行くとファンが集まっていたり、関係者がいたりしたものです。また、けっこう選手とも出くわしま
したね。でも、最近は殆どそのような事はなく、プロレスの匂いがしなくなりました。何か、寂しいですね…。 


雨模様こそが新木場の原風景
でんしゃ−
線路脇はゴミだらけ…
クリ−ン・キャンペ−ンは?
半ラ−メン(醤油)&半チャ−ハン
デザ−トもついていたよ
「今日もいい試合が観れるかな?」
煙に巻かれながらワクワク
雨の中、みんな待つ…
時間通り開けましょう

オ−プニング
最近はマメに衣装が変わる格闘美クィ−ン。自分も毎回色違いで、POPのTシャツです。この日はイヨリンと同じ
プリンセス・ブル−を着用。そして奇しくも、POPベルトもブル−(水色)。これ位の事でも嬉しくなれるのです。

格闘V、それは青春のピ−ス
プロモです いつも通りです
前回のおさらい
今回と次回でリ−グ戦はfin
プリンセスは間違いなくフュ−チャ−
遂にベルトが披露された
会場がしんとなる

第1試合 Aブロック・浦井百合 (10分時間切れ) Bブロック・チェリ−
延長戦 ×浦井 / 0点 (1:46 ダブルクライン) ○チェリ− / 2点

チェリ−と浦井、共にリ−グ最終戦です。最後という事でしょうか、両者共に非常にガッツ溢れるファイトを披露
してくれました。茶髪をセクシャルに振り乱すチェリ−、黒髪をダイナミックに振り乱す浦井。観ていて「あぁ、
女子プロレスって良いなぁ」と思いました。有終の美を飾ったのはチェリ−。笑顔がとても可愛らしかったです。


今後も格闘美に出て下さい
もう、今年の新人賞はこの人で決まり
ビシッとしたレスリングで魅せる
気持ちを身体で表現できる選手
四の字も力強く
バズ−ガ−が出ると会場が沸く沸く
チェリ−が強く、カッコ良かったです
浦井の豪快なプロレスは
観ていてスカッとしますね
美麗ミサイル
気合い充分、チェリ−が征く
しかし、浦井もしぶとい
膝蹴りはまさしくマウンテン・ハイ
延長戦です ビュ−ティフルに
ランニング・ネックブリ−カ−連発
浦井も素晴らしかった
0点で終わったが、そんな事関係ない
最後は複雑なス−プレックス
チェリ−さん2勝目 やったね♪

第2試合 Aブロック・市井舞 (10分時間切れ) Bブロック・夏樹☆ヘッド
延長戦 ×市井 / 4点 (4:40 ダイビング・ヘッドバッド) ○夏樹 / 6点

夏樹がDCに移籍という事ですが、その件についてJDでは特に触れられていませんでした。しかし、市井と夏樹の
当事者同士はやや感情的になっているよう、観えなくもなかったです。そんな両者の意地の張り合いはマグマの
ように熱く、見応えがありましたね。結果、夏樹が勝利し、余裕で決勝ト−ナメント出場。市井は最終戦次第。


髪の色が変わった
市井ですね
市井は握手を拒否
蹴られたら
蹴り返す
二人の負けん気がぶつかり合う
殴られたら
殴り返す
得意の蹴りが冴える
得意のヘッドが冴える
ビンタ戦も激しく
三角蹴りで勝ちたかったが
問答無用のフィニッシュ
試合後に殺気立つ事の多い市井
夏樹を睨む睨む
「ありがとうございました」
こちらは清々しく
パ−ト2 パ−ト3 最新JDスタ−写真集 最新桜花由美写真集
TOP