2006年9月2&3日 夏の思い出ツア−2006 in 名古屋

さぁ、行って参りました、夏のバスツア−。今回は名古屋ですね。うむ、とにかく二日間、日射しが強く暑か
った。選手もファンも、みんな大変。しかし、好天故のナイスな写真が撮れ、けっこう満足しております。 
桜花さん、風香さん、渋谷さん、暑い中、プロフェッショナルなファン・サ−ビスをありがとうございます。

面白いのは、選手達もブログ用にか、ケ−タイで写真を撮りまくっていた事。その姿は、すっかりファンと同
じで、何か微笑まい光景でしたね。で、ブログを見ると、バッチリ写真付きレポが。ははは、レポするのは面
白いものですよね。いい写真がいっぱいで、色彩乱舞以上かと…。いやいや、自分は負けませんよ。ふふっ。

自分は名古屋は初めて。いや、今回に限らず、ツア−では初めて訪れる地が多いですね。うん、こういう機会
を設けて頂き、とても感謝しております。その他、自分的にはいろいろとありまして、思い出深い深いツア−
となりました。うんうん、JDファンで本当に良かったと思います。皆様、本当にありがとうございました。


「初日」新宿 〜 浜名湖 〜 名古屋

目覚ましをセットしたのにもかかわらず寝坊をしてしまい、焦りまくりで新宿へ。朝っぱらから疲れます。で、
寝不足と一週間の疲労で頭ガンガン。バスの中では寝たいのですが、やっぱり気持ちが高ぶっているので、上手
く眠れませんね。名古屋までは二回サ−ビス・エリアで休憩があり、二回目の浜名湖でお昼ご飯を食べました。

名古屋までは長旅になるという事で、今回はバス車中でもイベントがありました。選手達のバスガイド・コンテ
ストでは、渋谷がそつなくもシッカリと決めてくれ、見事に優勝。やっぱり、社会人を経験していると、違う感
じがしますね。また、質問タイムでは「今後の展開」が尋ねられ、小林本部長が「JDは興行会社となっており
ますが、やっぱり桜・風・渋が主役になれるようにしたい」と答えてくれました。うん、自分はこういう気概を
JDスタ−に望んでいるのです。そう意味では、小林さんの答えには嬉しくなり、何かホッとしましたね。  

何とか間に合ったぜぃ
バスの中で大人しくしていると
ウナギが名物の浜名湖へ到着
ここでもチャ−ハンかいっ(渋調)
バスガイド・コンテスト(5分間)です
風ちゃん可愛い…、風ちゃんビリ…
お喋りが苦手な風ちゃん
微笑ましいガイドぶりでしたね
後方席なんで上手く撮れへん
あ、これは優勝者・渋です
撮るのは得意な風ちゃん
そして桜花です
上手なのですが、ややネタに走ったか
「右手に見える一番高い指が
中指です」 バス内くすくす

「初日」名古屋港イタリア村

バスは名古屋港にあるイタリア村へと向います。まぁ、ショッピングモ−ルなのですが、水路などもあってその
名通りイタリア風。やっぱり日射しが強く、人も多く、POP黄色Tシャツが汗でビッショリ。それでも、久々
のイベント撮影会に大興奮です。うん、暑い中頑張ってくれた選手達のおかげで、充実の時が過ごせましたね。


さっそく仲良しコンビをパチリ
ん、ジャンケンですか?
一応コンテストの罰ゲ−ム
けっこうノリノリの風香なのです
港のシュウボ−イ
ガイドF「は−い、こちらです」
急げ、急げ
入場券を手にサクラ・スマイル
人垣に負けず、シュウが撮る
撮ったるで−
おお、前を取られてしまった
JDスタ−
渋「ぎゃあ−、助けて−」
風「待って、撮ってから」
風ちゃんもね、真実の口なんだよ
イタリアの町並みを再現
ダビデ像に盛り上がる?
恥じらうお二人さん
こんなテ−ブルとイスが欲しいですね
鐘の音共に
ス−パ−スタ−、イタリア降臨
でも、やる事はファンと同じ
ブログを見るとかなり味をしめた模様
次、どこ行く〜
みんなご機嫌でしたね
スコット・ホ−ルばりに
キメてくれたぜっ
お馬さんですね
軍曹、撮りまくりなのであります
選手と一緒に馬車にも乗りましたよん
村内をパカパカ
運転手さんにいろいろと質問する桜花
好奇心強いのですね
足湯です
セクシ−☆サクラ
JDスタ−
リラックスされていましたね♪
家族連れ、カップルが多かった
当たり前か
のんびり…
日射しが強かったですね
選手達には感謝です
どっか−ん、ゴンドラだよ!
村自体はそんなに広くない
迷路みたいに入り組んでいました
うんうん、風渋は良いですね☆
風ちゃん、暑い中ごめんね
思いっきり美味しそうですね
団体行動はここまで 自由時間へと
暑過ぎ、疲れ過ぎでハイ気味でした
夏が終わるのです
パ−ト2 パ−ト3 パ−ト4
TOP