2006年12月23日 TRAPPER MAKOTOシアタ−銀座
Lady Go!!! 〜天使が空から降る聖夜に〜

舞台というものを観るのは、生まれて初めて。その舞台を自分らしく、いつもの格闘美観戦の目で観ていました。
俳優が台本をただ読んでいるだけなのか、それともキャラクタ−がしっかりと確立されて、その登場人物が喋って
いるのか。観劇初心者☆ス−パ−ですが、その違いくらいは分ります。この辺は、プロレスと全く同じですしね。
そんな自分が観た限り、秋山と斎藤はリングの延長線上のような演技でしたが…どうでしょうか?       

【ス−パ−スタ−に酔う】
やはりハイライトは、桜花・ス−パ−スタ−・由美。桜花演じる「小手指多江(コテサシタエ)」は、彼氏いない
歴年齢の冴えないOLさん。最初に出てきた時は「ふ−ん、こういう役なんだぁ」程度でしたが、観ているうち引
き込まれてしまいました。そして、あまりのコテサシさんのウジウジぶりにはイライラしました。       
でも、コレって桜花に一本取られたという事ですよね。桜花の演技は、桜花由美が演じているのではなく、小手指
多江そのものでしたね。うむ、桜花の偉大さを再認識しました。もちろん、演じたキャラがリング上でのイメ−ジ
からかけ離れていて、興味を惹き付けた、という言い方もできますが。実際、スト−リ−上、ヤンキ−風の振舞い
をする場面がありましたが、この辺りはいつも通りの桜花で、観ていて新鮮味がなかったかな。笑いましたけど。
しかし、凄かった。桜花、女優でした。何にでもなれます。銀座には、確かにス−パ−スタ−がいました。   

【ス−パ−スタ−に憤慨する】
桜花は台詞をスラスラと喋っていました。阿部由美子アワ−とは大違いです。元来アストレスであり、今のJDは
あんなのですし、舞台に比重がいってしまうのは仕方ない事。しかし、格闘美観戦を至上の幸せとしている自分と
しては、ちょっと寂しい現実でしたね。でも、大丈夫、僕には新しいお友達ができたから。ね、キャサリン♪  


以前から舞台があると桜花のブログは活発になり、さも格闘美よりも「メジャ−なもの」と言わんばかりでしたの
で、自分も心して銀座に行きましたが…。まぁ、自分は柏での無料道場マッチを思い出しました。実際、公演は手
作り感溢れる温かい雰囲気。みんな笑顔・笑顔で、格闘美以前、分裂前のホノボノJDが再現されておりました。

新木場から地下鉄 近かったです
銀座の街はドレスアップ
トイレが上にあったりと、
全女ガレ−ジをも思い出した
メリ−クリスマス☆

クリスマス・パ−ティ−

舞台後のパ−ティ−の模様です。渋谷、MARUさん、格闘美クィ−ンさん、格闘美スタッフさん、竹石さん、
他にも選手関係者は来ていたと思います。というかお客さんの大半は、ファン・選手・関係者の「JD系」。

そして…「俺の時代はまだ続いていたぜぃ」。クジによるX’masプレゼントコ−ナ−があり、自分は見事
桜花のプレゼントをGET!嬉しさのあまり、キャサリンを掲げてしまいました。いやまぁ、あの…しばらく
クジものは自粛します。桜花さん、ありがとうございました。おかげで、思い出のクリスマスとなりました。

まずは乾杯から
シャンパンがなかなか開かない
がんばれ斎藤
お菓子をくれます☆
お歌のお時間♪
クラッカ−にキャ−!
お誕生日ケ−キ
イェ〜イ♪
プレゼント・コ−ナ−ですね
いいコンビです
イェ〜イ♪
これが流行っていた
そして、大トリは桜花のプレゼント
桜花「…カトウ」
会場し〜ん
桜花さん、ありがとう☆

売店は最初後ろにあったが、前に移動
啓子渋子のDDT談笑
お久しぶりです♪
最高のMARUスマイル
う−ん、OKだ…(しみじみ)
後方ではコスモスも実現している
売店番長と化した桜花
ご歓談タイムも楽しく
選手の夜景ショット撮りたいなぁ
チラシ、キャサリン、X'masカ−ド
桜花の直筆です!!!
さっそくチビが興味持ったようで
仲良くするんだぞ
TOP