2006年12月31日 第4回ジュニア・オ−ルスタ−戦
後楽園ホ−ル

観て参りました、第四回ジュニア・オ−ルスタ−。全十二試合、色とりどりな選手が登場し、様々なファイトを
披露。とてもカラフルで、会場も盛り上がっており、大会は大成功といって良いのでは。個人的にも初めて観る
選手が多く、じっくりと観戦させて頂きました。各団体の選手に対して、平等にチャンスがありました。そのチ
ャンスを活かせるかどうかは完全に各選手次第。そして風香と渋谷は、このチャンスをものにしたと思います。
オ−ルスタ−のメンツの中で埋没する事無く、二人は存在感をアッピ−ル。良かった、本当に良かったです。 

昨年のブラディ−とファングの引退興行もそうでしたが、大晦日はけっこう人が集まります。今大会も、北側は
入場ゲ−トで潰しておりましたが、満員と言って良い入りでしたね。実際、狭いロビ−は人だらけで、トイレに
行くのもひと苦労。久々に、人で溢れた女子プロレスの会場、というのを体感しました。うん、大会の雰囲気も
柔和で意心地良く、素晴らしい大会でしたね。おかげで2006年最後の観戦、楽しい大晦日を過ごせました。 


オ−プニング
入場式等、特別な事はなく、普通に始まり、進行していきます。

人、人、人
後楽園ホ−ルはロビ−も客席も狭い
久々にやってきた"プロレスの聖地"
過去のJr.オ−ルスタ−戦の模様です

第1試合 ×椎名由香 勇気彩 (22:07 蜘蛛絡み) ○吉田万里子 佐藤綾子

これで引退となる椎名由香。全女時代に何度か観ましたが、NEO以降では数回のみ。そんな自分が語っても
仕方ないですね。ただ一言、お疲れ様でした。たくさんの、たくさんの人が花束を渡したセレモニ−。たくさ
ん舞った紙テ−プ。それはそのまま、椎名の人柄を表していましたね。素晴らしい引退式だったと思います。


最初に椎名引退試合
NEOの選手のア−チをくぐり
最後のリングイン
最後のコ−ル
気迫の表情で相手を追い込む
けっこう攻められていた
佐藤はドロップキックが良いですね
後輩に熱い激を飛ばす
正拳突き(?)に沸く
何発とぶつかっていったタックル
会場が沸く
タランチュラ式の腕ひしぎに大拍手
後輩との共演
しかし、最後は吉田に捕獲された
その後イキな計らい
これで3カウントをとった
NEO選手の餞別 一人ずつ椎名に技
みんなで「オ−」
NEOの選手に囲まれて
引退セレモニ−
風香・渋谷もお花を送った
桜花まで出てくるとは…
さすがのミニスカ−ト
志生野さんの送る言葉に涙
気丈に、しっかりと挨拶
テンカウント・ゴング
姿が見えなくなる程の
たくさんの紙テ−プ
胴上げ
椎名さん、お疲れ様でした

第2試合 ○江本敦子 (10:41 ダイビング・エルボ−ドロップ) ×松本浩代

この試合からがジュニア戦となります。むむ、松本はコンディションが悪かったのでしょうか?いつもより動き
がスロ−モ−で、精彩の欠いたファイトとなってしまいました。せっかくの大舞台なのに残念。次からに期待。
いつも牛を観ている自分。江本は見た目が違うのですが、当然声は同じなので、何か不思議な感じがしました。


のっしのっし、と登場
いい試合を期待しましたが
でも、まだ一年生ですし、
過剰に荷を持たせたら可愛そう
江本と牛の違いは? コミカル以外で
気持ちは出ていたが、
身体が付いていかず、か
何となく手打ちで、ゆっくり
飛んできた江本を持ち上げる怪力ぶり
会場もこの時は沸いた、沸いた
ナチュラルに頑丈な二人
ぶつかり合いはさすが
最後はコレ
桜花のいる格闘美では禁止するように

第3試合 ○小林華子 (6:06 押さえ込み) ×みどり

伊藤道場対決。この日は殆どが「対抗戦」だっただけに、同門対決は若干潔さがなかったかな。試合もなんとな
くな感じで、インパクトがなかったです。ただ、伊藤道場ならではの、正統派スタイルはけっこう好きですね。


田口が改名してみどりで良いのかな?
ぽちゃ、としていて何となく目を惹く
試合は普通に、普通に
む、なかなかのドロップキックですね
小林はボディアタックで対抗
巻きが入ったかのよう、唐突に終り
パ−ト2 パ−ト3 パ−ト4
TOP